和食・日本料理

まつ久ら 住所 札幌市中央区南7条西3丁目 LC弐番館ビル 地下1階 アクセス すすきの徒歩3分 豊水すすきの駅から278m LC2番館にてグランドオープン!

どうしても作りたい料理がありその思いが先立ち、このたび『まつ久ら』は再び、少し高級に戻ります。
今度のお店はワンフロア。ゆったりとした席をご用意しました。特に北海道の美味しいものにこだわり、手の込んだ本格和食を提供いたします。

もっと見る
日本料理 温味(ぬくみ) 住所 札幌市中央区南10条西6丁目3番地2 アクセス 地下鉄南北線中島公園3番出口徒歩5分 ミシュラン3ツ星にも輝く、四季を感じさせてくれる札幌屈指の日本料理店

札幌の日本料理にこの店ありと謳われる名店が、ミシュランガイドにて3ツ星に輝く【温味】です。主人・山本真樹氏曰く「北海道だけにこだわっているわけではない。その時期おいしいものを全国から集めています」。結果、時期によっては、北海道産のエゾアワビや時鮭が並ぶこともあれば、築地から仕入れる最高級の鮮魚が並ぶことも。純粋においしいもののために、氏の食材選びに妥協はありません。さらに、柔らかい葉物は流水...

もっと見る
旬彩酒肴 吟遊酒家 住所 札幌市中央区南1条西4丁目 NKC1-4ビル3階 アクセス 地下鉄南北線『大通駅』下車 徒歩2分 もっと見る 和食ダイニングなかなか 住所 札幌市中央区南4条西4丁目すずらんビル別館地下1F アクセス 地下鉄すすきの駅から徒歩1分 札幌ススキノ 懐石料理と地酒の和食料理店 『なかなか』

札幌すすきのでゆったりと寛げる癒しの空間で、旬の素材を生かした懐石料理と70種以上の地酒が味わえます。
見た目も美しく「なかなか」美味しい創作和食と酒の肴でおもてなしするプチ割烹の店
『なかなか』では厳選した食材を、料理長が日々創意工夫を凝らして料理しております。
例えば「ウニのしゃぶしゃぶが食べたい!」といったリクエストに応えて『雲丹フォンデュ』を作るなど
新鮮な道産の食材を大胆かつ繊細に創作料理にしてお出ししております
日本料理の「五味・五色・五法」という基本を守りながらも
ワンアクセントを加えた「ここでしか味わえない」料理を
是非ご賞味下さい。

もっと見る
おでん処 わんらうんど 住所 札幌市中央区南6条西3丁目おおたビル地下1階 アクセス 地下鉄南北線「すすきの駅」徒歩3分 おでん、酒、器、そして空間。ゆっくりと嗜む時間を。

「おでん」と野菜を中心とした「お惣菜」のお店。
自ら全国津々浦々歩き見つけてきた
旨い地酒を取り揃えております。

もっと見る
札幌かに家本店 住所 札幌市中央区南4条西2丁目11番地 アクセス 地下鉄南北線「すすきの駅」下車徒歩3分 札幌市『すすきの』に位置する地上7階、地下2階の北海道内最大級の超大型カニ料理専門店。

料理人が厳選したズワイかに、毛蟹、タラバガニ等を中心とした豪快な北海道の味覚『かに料理』と、道産料理・日本料理の数々をお楽しみください。
全部で9フロアある店内に、高級感のある和室やテーブル席など、さまざまなタイプの客席を完備。コース、御膳、単品でかに料理を提供する。

もっと見る
ひで丸 住所 札幌市中央区南1条西15丁目(東向き) 美味しい料理とお酒が楽しめる、いつも賑わう地元でも人気の居酒屋さん

旬の食材と美味しいお酒。隠れ家的雰囲気でゆっくりと。全国から入荷した食材を、変化に富んだ調理法で提供致します。

もっと見る
ガトーキングダムサッポロ
和食処「大善」
住所 札幌市北区東茨戸132番地 ホテルB1F アクセス 札幌駅北口団体バス乗り場より、地下鉄南北線「麻生駅」経由で、無料シャトルバス運行中(約40分) 北海道産の季節の食材を生かした会席料理を始め、四季折々のお料理をゆったりとご堪能ください。

小上がりから大広間まで目的に合わせてご利用いただけます。
また、お食い初めや結納、ご長寿などの慶賀プランや、ご法要後の会食等も承ります。
※レストランの他にも色々な風情の個室をご用意しております。(要お問い合わせ)

特徴 お食い初め膳
もっと見る
日本料理 笑福園 住所 滝川市本町3丁目3番地25号 アクセス 滝川駅より徒歩15分 かの有名な道場六三郎氏のもとで修業した料理人が腕を振るう

京都で修業し、開業して36年。日本料理を中心に懐石料理や創作料理、寿司、そばほか、和・洋・中とメニューも豊富で、特に女性客が多く親しまれているお店です。
個室もあり、ゆったりと落ち着いた雰囲気で楽しめます。
ご宴会コースもご予算に応じて承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

もっと見る
おたる海陽亭 住所 小樽市住吉町4-7 アクセス 南小樽駅から徒歩5分

明治初期に開業した料亭で、亭名は創業期の魁陽亭から開陽亭、海陽亭とかわっています。
建物は大半が大正期の増築ですが、2階大広間「明石の間」は、明治29年大火類焼時の再建と推定されています。
明治39年11月、日露戦役による樺太国境画定会議後の大宴会がここで開かれるなど日本史の舞台にも登場し、政財界など多くの著名人が訪れています。

もっと見る
1 2 3
ページTOPへ トップへ
グルメ
ビューティー
・ヘルス
ショップ
カルチャー
ライフ